一度は食べよう和歌山ラーメン

和歌山県と聞いてイメージすることは一昔前ならみかんや梅干でしたが、最近では高野山や熊野古道をイメージするかもしれません。和歌山県には観光地だけではなく、いろいろなご当地グルメがあり楽しみの1つでもあります。和歌山のグルメと言えば、最近有名なのは和歌山ラーメンです。和歌山市にある和歌山駅の近くには、全国的にも有名な和歌山ラーメンがあり、豚骨しょうゆ系のコクのあるスープが絶妙にメンとからんだおいしいラーメンです。大阪からやって来るお客さんも多く、観光がてらに立ち寄る人もいます。和歌山のラーメン店にはテーブルの上にお寿司が置かれていて、ラーメンと一緒に食べることが多いです。サバやサケのお寿司が多く、柿の葉などで包まれているものがあります。

最古のファーストフードめはり寿司

和歌山県にはめはり寿司と呼ばれる高菜を浅漬けにした葉っぱでくるまれたおにぎり感覚のお寿司があります。和歌山県の特産品として有名で、最古のファーストフードとも呼ばれています。その昔きこりの人がお弁当として、握り飯と漬物を片手でいっしょに手早く食べることができるようにと作られたと言われています。和歌山県南部には専門店が多くあり、注文が入ってからひとつずつ作られています。材料は高菜の漬物、ご飯、醤油ベースのたれなどです。作り方は簡単で高菜の漬物を水洗いし、高菜の茎の部分は細かく刻んでご飯の中に入れおにぎりを作り、おにぎりの周りを高菜でくるくると包みます。特製だれを軽くつけて出来上がりです。お店によって作り方はいろいろありますが、気軽に食べられるので人気があります。