加入海外旅行保険会社のサービスセンターへ連絡し、受診する

海外旅行はハードスケジュールになりがちで、疲れやストレスがたまりやすく、食べ物や水質、気候の違いから体調を崩してしまうこともよくあります。国によっては、日本にはない感染症もあり、早めに対処することが大切です。熱っぽい、だるいなどの症状が現れたら無理をせず、早めに休養を取り、必要があれば病院で受診しましょう。病院で診察を受ける場合は、まず加入している保険会社へ連絡を取り、指定の診療所や病院を紹介してもらいまう。キャッシュレスで利用できる医療サービスもあり、治療費は原則として直接病院から保険会社へ請求されるため、病院での支払いは不要です。指定の医療機関を紹介してもらったら、病院へ直接出向くか電話で予約をして受診しましょう。

薬局で薬を購入して、ゆっくり休む

軽い腹痛やけがの場合は、日本から持参した薬を使うか、現地の薬局で薬を購入してゆっくり休みましょう。ツアーを利用している場合は添乗員さんに相談し、薬を調達してもらうこともできます。また、個人で旅行している場合は、滞在しているホテルのフロントへ相談して、近くの薬局を教えてもらうとよいでしょう。英語圏以外の国でも、薬局はたいてい英語が通じるので、症状や購入したい薬の種類を英語で伝えられるようにしておくと、スムーズに購入できます。処方箋が必要かどうかは国の基準によって異なりますので、薬剤師さんに確認してください。もし、処方箋が必要な場合は、医療機関を受診する必要がありますので、指定の病院に連絡して早めに受診しましょう。