食べ物やお酒を楽しむ

日帰りや泊まりの旅でも、食事をする機会はありますよね。宿や飲食店での食事や、ご当地の土産用食べ物など様々に目に入り、舌で味わって楽しめます。インターネットや旅雑誌などで情報を収集すれば、その土地の名産品も分かり、扱ってる店もわかります。お酒にしても、地酒を扱ってる店から、酒蔵まで知ることが出来ます。 事前になにをどこで食べるのか決めるのも良いことですが、実際にその土地に足を踏み入れてから、自分の目と感覚で決めて見るのも楽しいかもしれません。情報収集しきれなかったものや、メディアで見ることのないものもまだまだ存在してます。 工場や酒蔵見学では試食や試飲も楽しめ、購入に関わらず触れれるのも魅力ですね。

文化や伝統に触れて学ぼう

その土地には、ならではの文化や伝統などがあります。地域や町ぐるみの催しや祭りでは、他では見られないような独自のしきたりがあることもあるでしょう。 方言による言葉の違いから感じる地域性や、独特の言い回しなど歴史を感じれますね。 歴史を知ることで、その土地の魅力も増して、注目するポイントや見えてくるものに変化が生まれるかもしれません。今まで気にならなかったものや見えなかったものが、新たに発見出来ることで楽しみが広がっていきますね。 自然や土地環境から生まれた技術や工芸品などもあり、見学や体験が出来ることがあります。実際に自分の手で作った物には愛着が沸きますし、改めて作り手の素晴らしさも分かりますね。その土地でしか得られないものは、旅の思い出になります。